FC2ブログ
 

ルピナス文庫 

2015年6月のご連絡

P1000292.jpg

銀座の教文館でエドワード・アーディゾーニ展が開催されています。(→http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/infocat/ardizzone
アーディゾーニの本は文庫でも大人気、館主も大ファンです。
もちろん、行ってきました!&来週も行きます!
5月24日は「吉田新一氏講演会」に参加してきました。
途中の地震でちょっぴりドキドキしましたが、貴重なお話とスライドをたっぷり堪能してまいりました。
来週6月1日は「なかがわちひろさん&多賀京子さんダブルトーク」に参加してきます。
なかがわちひろさんといえば……♪
5年前に頂いた貴重な本のお礼もできたらいいなぁ…と思っています。
 (貴重な本をいただけた経緯はコチラをクリック! → 2010年7月の記事(&5月)
文庫でも人気のチムシリーズ。
年長さんくらいから…と思っていましたが、最近は小学校1年生以上の子たちに勧めています。
文庫で貸し出しをしながら、お母様方からの感想(ご報告)を受けながら感じていることは、年長さんではチムの冒険についていけない子どもたちがいる、ということです。
しみじみ、本が読める、とはどういうことが考えさせられたシリーズでもあります。
貸し出しをしていて最初に「ウチの子、こわがって聞けないんです」と言われた時には、ガツンと衝撃を受けました。
  親元を離れて海に出る
これがどれほどの冒険か……私も考えが甘かったなぁ……と、深く反省しました。
7歳。
女の子と男の子、その他読書歴でも多少の差は出ますが、この年齢を境に「読める」「楽しめる」本の質に違いが出てくるように感じています。
7歳以降におすすめしたい本では、登場する「おとな」の在り方もガラリと変わってきます。
とりわけ、良い本では。
くんちゃんの両親のような広くて温かい心の大人とは違って、もっと現実的で、怒りっぽかったり、石頭だったり、いじわるだったり、皮肉っぽかったり……そんな大人が沢山登場するようになります。
そして必ず、少数だけど、一生心の中で手本にしたくなるような、素敵な、カッコイイ大人がいる……。
ポンっと年齢を飛ばせば、館主の心の中には、とりわけカニグズバーグの作品の中に沢山の手本にしたいカッコイイ大人がいます。
……おっと、話が逸れそうです・笑
まだチムシリーズに出会っていない1年生以上の子たちに、是非このシリーズから、本物の冒険を楽しんでほしいなぁ、と思います。
文庫にエドワード・アーディゾーニ展の割引チケットもございます。
教文館のナルニア国には素敵な本がたくさん。
書店内にも無料の展示コーナーがあり、アーディゾーニの素敵なグッズも販売中です。
弘明寺からなら、京急1本で行くことができますので、ぜひこの機会に♪
そしてそして、展示会に合わせて
文庫でもエドワード・アーディゾーニ特集を組んでます!
前述のお宝絵本含め、多数ご用意しておりますので、遊びにいらしてくださいね♪


さてさて、遅くなりましたが6月のご連絡です。

6月の休館日
2日は休館となります。
それ以外は通常通り開館の予定ですが急な予定変更もございますので、ご来館前にブログをご確認くださいますようお願いします。

6月のおはなし会
月に一度、ルピナス文庫に とびきり素敵な「おはなしのくに」があらわれます♪
(おはなしをしてくださるのは読み聞かせボランティア『本の実』の方々です)
絵本や、おはなし、わらべうた…♪
ぜひ、親子でご参加ください。
6月30日 午後3時半~4時
※おはなし会の時間帯は、玄関が靴で埋まってしまうことがあります・・・
 靴袋をご持参いただけますと助かります。よろしくお願いします♪
※お母さんのお膝で…お友達と並んで…はたまた、ゴロリと横になって…もOK♪
  ゆったりとくつろぎながら楽しんでいただける「おはなし会」ですが、
  大きなお声でしゃべってしまうと、「おはなし」が聞こえなくなってしまいますので
  ご注意くださいね♪


6月の絵本の会 
今月は6月18日(木) 10時~12時
中心となって進めてくださるTさんのお話を聞きながら、子どもと共に育つことの意味や素晴らしさ、そしてそこに本が加わることにより一層暮らしが豊かになることについて、皆さんと語り合うことが楽しい会です。
絵本や本に詳しくなくても大丈夫です!
毎回参加できなくても大丈夫です!
日常の忙しさやストレスで、知らず知らず母の心も閉塞的になりがち…。
普段と違う話題、普段と違う仲間で、心に新しい風を送りませんか…♪
皆様のご参加、お待ちしております♪
※4月から、こちら↓の資料を使っています。

昔話は残酷か―グリム昔話をめぐって昔話は残酷か―グリム昔話をめぐって
(1997/02)
野村 ヒロシ

商品詳細を見る

可能な限り各自ご購入の上ご参加いただきたいのですが、必要な分だけコピーをとることも可能です。ご相談ください。
(基本的に出欠席の連絡は不要ですが、初めての方はあらかじめご連絡をいただけると助かります。)
(持ち物は筆記用具、メモ用紙、当日の資料コピー代、お茶代200円)

午前中の貸し出し時間&ティータイム、
少しずつ、母たちの憩いの場(おしゃべりの場!?)に定着してきました(笑)
子育ての話や趣味の話、その他なんでも……
いつもと違うお母様方との会話で気持もリフレッシュ!
本の貸し出し無しでも大丈夫ですので、どうぞお気軽に足をお運びください♪

午前・午後ともに 皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)