FC2ブログ
 

ルピナス文庫 

2018年6月のご連絡です

IMG_20170314_112141 - コピー (2)

"There is a third thing you must to do. You must do something to make the world more beautiful. "

世界は充分美しいのに、いったい何を…?

ミスランフィアスが撒く花の種が、大地や虫や鳥や風と出会い美しい花を咲かせるように。
本もまた種。
出会いを待っています。
そして、とりわけ子どもとの出会いには
風や虫の役割として…
読んであげたり、手渡してあげる大人の役割がとても大切です。
愛する我が子に読んであげるお母さまの声、お父さまの声、おじいちゃま、おばあちゃまの声こそ
最高の風。
風に乗って届く言葉、絵が、きっと
子ども達の心を健やかに育ててくれることでしょう。

私のしていることは、
種の中でも、とりわけ良いと思える物を揃えて、時々撒いているだけの活動ですが、
地域の皆様に支えられ
また、皆さまの税金、募金からなる助成金にも支えられ
おかげさまで、正式に六ツ川の土地に看板を掲げて10周年を迎えることが出来ました。
まだまだ
細く長く、のんびりと
楽しみながら続けていきたいと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


今月のご連絡です。
6月の休館日
6月26日は休館とさせていただきます。
その他、急な変更となる場合もございますので恐れ入りますがご来館前に再度ご確認くださいますようお願いいたします。

6月の「絵本の会」

6月5日(火) 11時15分~12時15分

4月からは隔月で「絵本の会」と「わらべうたの会」を開催しております。
新しく始まっている「絵本の会」では主にお母さま方向けに、絵本や児童書を紹介を兼ねて読んでいただく時間となっております。
ちまたのブックトークとも、読み聞かせとも違う、今の時代ならではの新しい試みかなと感じています。
Tさまによる楽しい本の紹介付きで、子どもの目線でたっぷりお話や絵を楽しむこともできる贅沢な時間。
お子さまの同伴ももちろん可能にございますが、お母さまが楽しむ時間として、気軽に遊びにいらして頂けたら…と願っております。
4月はロイス・レンスキーの絵本を色々ご紹介いただきました。
6月はバージニア・リー・バートンをご紹介いただきます。
親子で本を楽しんで頂けますよう、私たちも楽しんで続けてまいりたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
※次回「わらべうたの会」は、7月31日です

6月の「児童書の会」
3月まで「絵本の会」として続けてまいりました勉強会。
内容はそのままに呼称が「児童書の会」となりました。
6月21日(木)10時~12時
  

1月から
『帰ってきたメアリーポピンズ』 岩波少年文庫
を、読む会が始まっております。
名作を楽しみながら、皆さんと、普段は真剣に考えないようなこと、ついつい見過ごしてしまうことを
じっくり考えることができる時間にもなっております。
講師のTさんの脱線話もまた、大きな楽しみ、喜びの時間です♪
お気軽に足をお運びくださいませ…!
※可能な限り本をご購入のうえご参加ください。次回は第3章からです。
  参加費200円(お茶、茶菓子代として)



今月も、皆さまのご来館を楽しみにお待ちいたしております♪

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)