FC2ブログ
 

ルピナス文庫 

ルピナス文庫ってどんな所?

P1000396_convert_20090902093241_convert_20090902094622.jpg

ルピナス文庫は横浜市南区六ツ川にある家庭文庫です。
(おしゃれカフェ「むさしの森珈琲」のあるバス停「大池」から徒歩4分♪ 横浜国際高校の近くです。)
家庭文庫とは、家庭の蔵書の貸し出しをする小さな図書館のことです。

ルピナス文庫の看板を出して9年目。
少しずつ形を変えながら
午前中は子育て中のお母様方、読み聞かせのボランティアに携わっている方などが気軽に集える図書館兼サロンとして
午後は、隠れ家のような、アットホームな、子どものための、親子のための小さな図書館として
毎週火曜日、のんびり開館しています。
午前は11時~12時半
午後は14時半~17時
貸し出し冊数など、細かい決まりごとは別途カテゴリ「ルピナス文庫について」内の「ルピナス文庫のきまり」(←クリック)をご覧ください。


月に一度、おはなしボランティア「本の実」の方々に来ていただいて、おはなし会を開いています。
幼稚園前後の子ども達が来てくれています。
(おはなし会の日程にはカテゴリ「開館・休館・イベントのお知らせ」内にて毎月更新しております。)

また、読み聞かせに携わっている方や、子ども達との暮らしをより豊かにしたいと願っている方々と、子ども達に読んであげたい、手渡していきたい絵本・本…そして世界について、一緒に考えていく「絵本の会」も、月に一度開いています。
中心となってお話をしてくださる方がとても素敵な方で、いつも「絵本の会」の後には気持ちがリフレッシュして、なんだか暮らしが一層楽しく思えてくるから不思議です♪
幸せと喜びにつながる学びは、大人になったからこそ、新鮮で楽しいものかもしれません。
(こちらも日程はカテゴリ「開館・休館・イベントのお知らせ」内にて毎月更新しております。)


蔵書数は2015年9月現在で1450冊以上。
どのような本、絵本を文庫に置いているかについてはカテゴリ「ルピナス文庫について」内のはじめに(←クリック)の他、カテゴリ「絵本・本について」内の食事絵本 おやつ絵本(←クリック)を、ご参照ください。
幸せの種となるよう願って選んだ絵本ばかり。
基本的には文庫内の本を自由に選んで楽しんでいただきたいので館主から本を勧めることは滅多にしませんが、お悩みのときにはお声かけ頂ければ、喜んでお手伝いさせていただきます。
時間の許す限りのんびりと、親子で、ひとりで、文庫での時間を楽しんでいただきたいなと思っています。

DSC01762.jpg

ほぼほぼ、午前の文庫はサロンのようになりつつあります。
お子さんが小学校に上がると、なかなか母同士話す時間もなく悩みを抱えたままの方も多いのではないでしょうか。
東戸塚、上大岡、芹が谷、井土ヶ谷方面から通ってくださっている方もいて、違う小学校の話を聞くのも楽しいものです。
我が家含め、上のお子さんが中学、高校に通ってらっしゃる方も。
習い事や照れくささで通えなくなった子どもの代わりに借りに来てくださる方も。
館主が着物姿なこともあり、着物の話に花が咲くことも。
もちろん、本の貸し出しも行っていますが
子育てや趣味の話をのんびり楽しむ時間も良いものです。
200円のドリンクバーもありますが、強制ではありませんので館主からは勧めません・笑
何か飲みたいなぁ…と思われた場合は、ご自由にご注文ください♪
基本は、お子さんが会員、もしくはお母様が会員になってくださっている方にご利用いただきたいのですが、見学としてのご利用も大歓迎です。
ちなみに年会費200円を頂ければ、大人も会員になれます。(子育てや子どもと楽しむ本選びの話をしたい方限定ですが)
そのうえで、実際に本を借りる借りないは自由です……笑
火曜日であれば、徒歩5分の「むさしの森珈琲」でモーニングして、11時になったらルピナス文庫で絵本や本に囲まれて、おしゃべりしながらドリンクバー……なんてことも、いいのでは……?笑

居心地の良い空間を作っていけるよう、
まずは私自身が肩の力を抜いて、楽しんで続けています。
是非お気軽に遊びにいらしてください。

(2015年9月更新)

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)